2015
10.19
1019wide

コンテンツマーケティングを学べる講座5選


コンテンツマーケティングにおいて質の高いコンテンツを継続的に作成して配信していくには、検討しなければならない事項が数多くあります。

キーワードの選定、多様なステークホルダーに向けた記事の作成、記事のスタイルやトーンの統一、業界知識と執筆スキルの双方を備えたライターの確保、ライターへの外注費の相場、記事に対するコメントやリンク切れへの対応、アクセス解析、文章に加えて動画・電子書籍・インフォグラフィックを導入するか、等々。

コンテンツマーケティングに関わる課題を数え始めるときりがありません。あるアンケート調査では、多くのコンテンツマーケティング担当者が「運営方法が成熟していない」と回答しているのも理解できます。

こうした背景から、最近ではコンテンツマーケティングの講座がサービスとして提供されるようになってきていますので、ご紹介したいと思います。

schoo
schoo(スクー)は専門家によるライブ講座やオンライン授業が受けられるプラットフォームです。ライブ講座に機能限定された無料会員と、録画した授業が受けられる有料会員があります。コンテンツマーケティングに関する講座も充実しており基礎から実践までカバーしているのが特徴です。
→講座情報

宣伝会議
オンライン講座だけではなく、オフラインでの教室も開講されています。広告宣伝の代表的な出版社である宣伝会議はLINEや博報堂から専門家を招き、2015年12月に東京で「コンテンツマーケティング実践講座」が開催されます。
→講座情報

Streetacademy
ストリートアカデミーは誰でも先生となって教室やマーケットプレイスを開講できるWebサービスです。このサイトにはコンテンツマーケティングの専門家も登録しており、場所や時間の都合があえば安価な講座に参加できます。例えばコンテンツマーケティング専門会社イノーバの代表取締役社長である宗像 淳さんはコンテンツマーケティングを使って広告費をかけずにウェブサイトにアクセスを集める講座を開催しています。検索して類似の講座を探しても良いでしょう。
→講座情報

Udemy (英語)
現在はMOOC(大規模なオンライン講座)が普及してきており、英語のコンテンツであれば、数多くの授業を無料で閲覧できるようになりました。Udemyは代表的なプラットフォームの一つです。B2B向けのコンテンツマーケティングを運営している担当者にはUdemyで公開されている「Content Marketing for B2B Enterprises」がおススメです。
→講座情報

Coursera (英語)
オンライン講座の中でもCourseraは大学の教授・講師が授業を担当しており、特定の条件を満たせば公式の終了証を受領できるのが特徴です。コンテンツマーケティングに関する講座も開講されており、例えば、ノースウエスタン大学のコースがあります。目安としては2-4時間の勉強を6週間続けると、一つのコースを修了できます。
→講座情報

無料や低価格な講座もありますので、コンテンツマーケティングを学んで見たいと思う方は検討してみてはいかがでしょうか。
plllogo33
著者:Takayuki Sato