2019
08.07
0715

マーケティング担当者が知っておくべきWeChatの使い方


linetop.fw_
10億人を超える月間アクティブユーザーを抱えるWeChatの存在感が増している

中国市場に展開したいと考える企業にとって、WeChatは有効な手段となり得ます。FacebookやTwitterが利用できない中国のユーザーにとって、2011年に公開されたWeChatは中国語話者の中で広く普及しているからです。米メディアSocial Media ExaminerがWeChatをマーケティングに利用する方法について解説しています。10億人を超える月間アクティブユーザーを抱えるWeChatは、マーケティング活動を行う上で無視できないプラットフォームです。そのユーザーの中で7000万人は中国外に住んでおり、米国や英国でも急速にユーザーを増やしてきました。

人々の生活に関わるあらゆるアプリと連携し、ユーザーとのエンゲージメントを高める

WeChatは単なるメッセージングアプリではなく、8万5000ものアプリと連携したエコシステムを形成しています。Eコマースから支払い、ゲームや通話まで、あらゆる機能がWeChatに含まれるため、マーケティング担当者にとって貴重な、消費者の行動に関するデータが取得可能です。WeChatには独自の機能が実装されてきており、シェイク機能はその一つです。オフラインでビジネスを展開する企業が、近くにいるユーザーにリーチする方法として利用できます。例えば、バーバリーは中国の新年の時期に、スマホを振った(シェイクした)ユーザーにパーソナライズされたメッセージを送るキャンペーンを実施しました。双方向性のある機能でユーザーとのエンゲージメントを高めるのがWeChatの特徴と言えます。

企業の情報を公開してユーザーと対話したり、広告を出稿したりする機能が充実

企業がWeChatでアカウントを作成すると、Facebookページのように情報を公開したり、フォロワーにメッセージを送信したりできるようになります。認証されたアカウントでは、ユーザーのフィード画面に展開される広告や、インフルエンサーと協業した広告が出稿可能です。他のソーシャルメディアと同様、地域・興味・年齢・性別・教育・婚姻状況・行動履歴などで広告を提示する対象の絞り込みを行います。また、最近のユーザーは、ソーシャルメディア上での対話を好むため、WeChatはカスタマーサポートとしての働きも期待できます。

まとめ
WeChatは中国語話者にリーチするために力を発揮するマーケティングツールです。利用者の増加が増え、広告媒体としての魅力が増すにつれ、企業規模の大小に関わらず、中国以外の企業がマーケティング目的で利用していくケースも増えていくでしょう。
linetop.fw_

参考資料

WeChat for Business: What Marketers Need to Know