2016
09.15
0915-2

成約率の高いCTAを作るためのコツ


コンテンツマーケティングを本格的に導入すると、コンテンツのほとんどで集客ができないということに驚かれる方が多いと思います。販促を感じさせず、役に立つ情報を配信し続けることで、見込み客は増えていくからです。とはいっても、もっと集客の機会を増やしたいと思っている方にCTAはおすすめです。そんなCTAの効果を上げるためのテクニックをご紹介します。

●CTAの基本とは
CTAに含んでいただきたい重要なポイントからご紹介します。それは「急かすこと」と「具体的な行動を書く」ことです。例えば、「今すぐ」や「本日中に」などです。また、「お電話ください」や「この画像をクリック」などです。CTAはいくら目を引きつけても、クリックされないと意味がありません。そこで、クリックを急かすような文言と、クリックや自社サービスとの接触を促すような行動を書くのです。

●CTAの文章
続いて、文章の書き方ですが、どうしても商品説明を長々と書きたくなってしまうことでしょう。しかし、それらは効果的ではありません。CTAというのはじっくり読んでもらえるようなものではないからです。視界の端に映る程度の存在なのです。それでも、シンプルで目を引くからこそ、クリックに繋がるのです。そこで、CTAにおける文章ですが、「商品の魅力を箇条書き」というポイントを守ってください。文字数を出来る限り少なくして、見やすいものを作ることが重要です。

●CTAのデザイン
最後にデザインの話です。よくサイトの雰囲気を壊さないように、記事に馴染むようなデザインを考える方がいらっしゃいます。その考えは大切なのですが、やはりCTAはとにかくクリックされることが一番の目的です。ですから、目立たせるという1点を突き詰めたデザインにしましょう。赤や緑など目立つカラーを使って、訪問者の注意を引くことを考えてください。

●まとめ
CTAを使うことで集客機会を大きく増やすことができます。作り方には今回ご紹介したポイントが存在しますが、決して作るのは難しくありません。ぜひ導入されてみてはいかがでしょうか。
plllogo33