2019
08.21
0821

Twitter動画展開のヒントに。SNSの中でもTwitterでの動画は短くするのが勝ち!


1-2.fw_
今、インターネット上での動画広告市場が急激に拡大しているのをご存じでしょうか。
黎明期より長らく急加速で成長を続けているインターネット広告市場。これは、実はずっと同じメディア・商品を販売し続けているわけではなく、年ごとに新たな商品・ツールが開発され常に進化し続けています。
2018年ごろよりの急成長のカギは「動画」です。動画広告の伸長と、各企業がこぞって動画広告を制作するようになったことから、ネット市場はさらに活性化。ついにテレビCM市場と肩を並べる環境にまでなりました。
マーケティングでは、このように市場が活性化すると、さらなる効率化を求める傾向にあり、動画広告もその市場内で様々な手法が生み出されるようになってきました。
そんな中、Twitter動画は「勝ち筋」が見えてきており、どう動画展開を図るのがよいか?のベースルールが出来つつあります。

■Twitter動画は短く作るのが勝ち!

閲覧メディア・デバイスによってユーザーの動向はほんのわずかながら傾向が異なります。
しかし、このほんのわずかな行動の傾向の差が、マクロでみると大きな違いになるのです。
※日本国民が一人1円を寄付すると、総額1億2000万円になるのと同じ
本来、動画広告の良さは、平面グラフィックやテキストでは表現できなかった「シズル感」や「リッチコンテンツによる態度変容」なのですが、
ことTwitterにおいては、そのツール属性上、情報タッチの時間とジャッジが早いためストーリーを理解いただく前に離脱してしまう率が高いのです。そのため。動画は出来るだけ短く、シンプルに伝わるないしは期待させる作りが重要となります。
およそ目安は冒頭5秒!

■離脱は2面性がある

離脱、というのは動画からの離脱です。それすなわち、「やっぱやーめた」と「先を見たい」の2面性があります。
「先を見たい」という方はその先のサイトへのジャンプをしています。こちらの離脱は配信企業からするとプラスです。
そのため、数値上の離脱は減らさずに、いかにその離脱の質を高めるかが重要となります。
やはり、それをクリアするためにも動画の冒頭をいかに魅力的に引き付けるものにするかが肝心なのです。

TwitterはテキストがメインのSNSで情報タッチの意識も他のSNSと比べると圧倒的に低く
うまく向き合って情報提供を図る必要があることを意識しましょう。
1-2.fw_