2017
05.08
69-2

お金をかけずにInstagramを宣伝に使いたい!


「Instagramマーケティングを実践したいけども、多大なコストはかけられない。」
バズマーケティングをお考えの企業様では、このような社内事情をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

確かに媒体費という概念が薄いソーシャルメディアにおいては、お金をかけずに様々なことが出来るというイメージがありますが、それでも、ただ始めただけではなかなか思うようにはうまく行きません。そこで、お金を使わずにInstagramを活用した宣伝活動が出来るちょっとしたテクニックをご紹介します。
何より大事なのは「フォロワーを増やすこと」です。

■写真の個性を大事に守る!
Instagramの写真投稿は数が必要。これも一つの解釈ですが、企業の宣伝活動に活かしていくためには、数よりも質が非常に重要です。では質とは何か?純粋にレベルの高い画像という意味も含まれますが、何より重要なのは「一定の世界観・統一感」です。自分たちが何者なのかを伝えていくことが重要なソーシャルプロモーションにおいて、個性を出すことですね。目線を変えれば、「必ず画像の中にネコがいる」とか、常にコントラストがパキッとした画像を載せる。なんてのも質の管理に該当します。

■積極的な他アカウントへのアクション
SNSアカウントは無数にある中から見つけてもらう作業です。
そこで、とにかくフォロー・いいねをしていきましょう。相手が自分に気づいてくれるための活動をとにかくコツコツやっていくのです。ただし、写真のクオリティの部分と同様で、やみくもに、ではなく関連しそうなアカウントへのアクションを心がけましょう。今ではあまり無差別ではないアクションの自動化ツールもあります。試しに触ってみてはいかがでしょうか。

■人気投稿欄を狙う
Instagramには、ハッシュタグやロケーションの部門で人気投稿欄というものがあります。こちらに掲載されると半日から1日ぐらい掲載がされるので、非常に多くのユーザーを引き込みやすいです。ただし、いきなり人気のハッシュタグ投稿欄に載せようとしても掲載されるのは難しいので、アカウントのフォロワー数に合わせて、適切なハッシュタグを選び、少しずつそのハードルを上げていくということが重要です。

「写真の個性で、何者かをアピールし」
「よそ様へお邪魔することで存在感を主張し」
「メジャーネタをしっかり押さえて忘れられないようにする」

上記3点を心がけてコツコツ運用をしていくと自然とフォロワーが増えていきます。フォロワーが増えれば増えるだけ、上記のサイクルも効果が高まりますし、宣伝効果も広がります。

他のSNSに比べて画像のパワーが強いInstagramはかなりセンスが問われるメディアです。
是非とも上記ポイントを心がけて実践してみて下さい。
insta1.fw_