2016
05.17
0517-2

コンテンツ作成にヒラメキを与える手軽な方法


オンラインコンテンツの需要が高まるにつれて、マーケティング担当者は次の投稿に用いるアイデアに頭を悩ませるようになりました。時間が足りないときなど、ヒラメキを得るのは簡単ではありません。生産性を保つため、自分なりのヒラメキを得る方法を蓄えておくと良いでしょう。

ソーシャルメディアはヒラメキを与える一番の方法かもしれません。Facebookには投稿を保存する機能があるため、仕事に関連する面白い投稿を見つける度に、保存するよう習慣づけると便利です。最も人気のあるSNSからは人気の話題が発見できる可能性が高まります。他にもTwitterのリスト機能、Pinterestのボードなど、興味のある話題を一覧する方法は使ってみる価値があります。
流行を追いかけるために有効なツールに頼る方法もあります。Google Trendsでは、検索キーワードを比較し、地域別・時期別などで人気度を分析できます。また、Google Alertsを利用すると、特定の単語を監視し、関連する内容を通知してくれるようになります。見落としがちな話題でも、ツールを上手に活用すると簡単に流行を捉えられるのです。

外部の話題だけではなく、自社サイトの情報からもヒラメキは得られます。例えば、Google Analyticsのアクセス解析から、どのコンテンツが人気かが理解できます。サイトにたどり着くために使用した検索キーワード、平均滞在時間などから、自社の属する業界で重要視されている話題についてヒラメキが得られるでしょう。また、過去に作成して人気があった記事に対して、より深化させたり、最新化させたりする手法も使えます。文章で作成した記事を、動画や音声に変える方法によって、優れたコンテンツを再利用できます。

ヒラメキを得たときには欠かさずメモを取るようにしましょう。DropboxやEvernoteといったツールは、いつでもどこでも利用できるため便利です。WordPressなどのコンテンツ管理システムでは、一度作成した記事を保存しておく機能があるので、ヒラメキが新鮮なうちに自分のペースでコンテンツ作成を行うと作業効率が高まります。
最後に、最適な情報源は、顧客自身だという点を付け加えておきます。次の投稿内容を考える上で、その読者の興味を取り込むのが重要なことは明らかです。ソーシャルメディアにあるユーザーの発言に目を通したり、質問やコメントをしたりして、読者の関心を分析するようにしましょう。
pushlogo34