2014
04.14
content

コンテンツ作成の基礎


皆さんはコンテンツマーケティングを実施する上で、どのように体系立ててコンテツを作成しているだろうか。

コンテツマーケティングは単に「面白い」コンテンツを提供するだけではブランドへの親近感や好感度の醸成などを獲得するのは難しい。
最近、話題になっているようなコンテンツの中には、このポイントが抜け落ちているように感じるものも見られる。

また発展途上の集客手法だからこそ、基礎的なポイントを押さえたコンテンツ作りをおこなう事が重要となってくる。
そこで、本日はコンテツマーケティングを行う上で気をつけるべきポイントを紹介してみたい。

■ペルソナの定性調査を重視する
ペルソナの設定の際に気をつけたいのはマーケターの予測で行ってしまうと本質なユーザー像が見えづらいという所にある。コンテンツマーケティングはあくまでターゲットにとって有益な体験をさせる事が目的となるため、より実態に基づいた正確なデータが求められる。

そこで、定量調査のデータは必須であることはもちろんであるが、それと併せた定性調査(1対1の深いインタビューや観察など)を行うことが重要となってくる。また、調査を行う際にはペルソナの価値観・パーソナリティなどのストーリーを重視する事でより現実に近いターゲットのペルソナ像を作成する事ができる。

■ユーザーエクスペリエンスに配慮する
「体験」が重視されつつある中で、ユーザーエクスペリエンスに配慮したサイト設計が体験価値追求のアプローチとして注目されている。
これもペルソナが重要となってくるが、ペルソナを明確にする事で何を重視していて、どのようなデザイン・要素・タッチポイント・デバイスを好むのかといったことを掘り下げていくことができる。

このように、ターゲットの設定やユーザーエクスペリエンスなど、実はWEBサイトにとって基本的なことがコンテンツマーケティングを効果的に運用するためにも重要な要素となるのである。
plllogo33