2019
02.12
0212

人工知能を使ってコンテンツマーケティングを変革する方法


人工知能が興味や振る舞いに応じてセグメントを特定し、コンテンツを決定する

自分では優れたコンテンツだと思っていてもアクセスが集まらないケースが続くときは、コンテンツマーケティングのやり方を変え、新たなツールや技術を試してみる時期なのかもしれません。例えば、人工知能は短い文章であれば人の力を借りなくても自動でコンテンツを作成する手法が提案されています。コンテンツマーケティングに人工知能を適用する方法について、Marketing Insider Groupが分析しました。従来のコンテンツマーケティングは、できるだけ多くのアクセスを集めるよう、幅広い読者に届くテーマを扱ってきました。しかし、これからは読者の興味に応じてパーソナライズした書き方が好まれるようになります。人工知能の予測分析によって、属性や過去の振る舞いからセグメントを特定し、その読者層に最適な内容を書けるようになります。

流行するキーワードを発見し、投稿するタイミングを最適化するのは人工知能の得意分野

コンテンツマーケティングでは、最新ニュースやトレンドを把握し、競合よりも良い成果を得る必要があります。このような調査を行うのは、人間よりも人工知能が得意な分野です。検索ワードのトレンドや、エンゲージメントの高いキーワードを特定し、人気を集める可能性が高いトピックを選択します。マーケティング活動の自動化は生産性を高める効果があります。特に、ソーシャルメディアで記事を拡散する等の作業は、事前に設定し、自動化を進める類のものです。人工知能を導入すれば、記事を拡散するのに最適なタイミングを算出し、最も費用対効果が高い方法を特定してくれます。

リアルタイムに見出しや画像を選択しクリック率を向上させる施策も実現可能

人工知能を使えば、ソーシャルメディアに投稿した記事をリアルタイムに改善することも可能です。タイトルや画像などを時々刻々と改善していけば、クリック率を向上させられます。人手で行うと負荷が高く、効果を出すのが難しくても、人工知能を使って自動化すれば、容易に成果を高められるかもしれません。

まとめ

コンテンツマーケティングの目的は、企業の認知度を高め、顧客を教育し、関係性を深める点にあります。人工知能はあくまでその目的を達成するための手段に過ぎません。今はまだ人工知能の適用が始まったばかりですが、将来的には、人工知能がマーケティングを変革する事例も多く見られるようになっていくでしょう。
1-2.fw_
参考資料
insta1.fw_
https://marketinginsidergroup.com/artificial-intelligence/how-to-transform-your-content-marketing-with-artificial-intelligence/
著者:Takayuki Sato