2016
04.22
0422all

なぜコンテンツ・キャンペーンは失敗するのか


コンテンツマーケティングは会社の規模や予算の多寡に関わらず成功できるのが面白いところです。数億円かけて数百本の記事を作成したからといって、広告キャンペーンが成功する保証はありません。ゆっくりと、しかし着実にコンテンツを作成した企業が成功する場合があります。それでは、コンテンツマーケティングはどうして失敗してしまうのでしょうか。

65%のB2Bマーケティング担当者は文書化されたコンテンツマーケティング戦略を持たないという調査があります。行動につながるような具体的な戦略がなければ、どんな作業も無駄に終わってしまうでしょう。現実的な計画を立てて、定期的に達成度合いを見直す習慣が求められます。そして、達成度合いを知るには、適切な評価指標(KPI)が必要です。訪問数、ダウンロード数、滞在時間、被リンク数、ソーシャルメディアでのシェア、コンバージョン率、コメント数、Eメールの登録者数などが一般的なKPIとして採用されています。

コンテンツ制作に十分な経営資源を投入していない場合、キャンペーンが失敗に終わるケースがあります。経営資源は、時間とコストの両面から考える必要があります。自社内でコンテンツを作成するには時間をかけなければなりません。一方で、外部のマーケティング業者に依頼するには、必要な予算をかける必要があります。いずれにしても、チャンスが訪れるまで我慢強く投資し続ける態度が必要です。情報が氾濫するオンラインの世界でコンテンツマーケティングの成果が現れるには、少なくとも9か月間、様子を見た方がよいと言われます。成果が出る前に諦めず、戦略を練り直しながら、コンテンツを向上させていくと良いでしょう。

失敗する理由は時に非常に単純な場合があります。記事の数が足りないわけでも、予算が足りないわけでもなく、単純にコンテンツの質が低いのが失敗の理由かもしれません。一般的な情報を掲載するのを避け、また、不要な表現で紙面を埋めるのをやめましょう。統計データや調査に基づいた有益な情報を読者は求めています。サイトのデザインや記事のフォーマットにも一般的に受け入れられた作法があるので、それらを順守していることを確認しましょう。これまでにコンテンツ・キャンペーンが上手くいっていなくても、上記のポイントに気を付ければ、次回は多くの訪問者を惹きつけられるかもしれません。
plllogo33
参考資料
https://www.searchenginejournal.com/bigger-isnt-necessarily-better-content-campaigns-fail/154015/