2019
11.29
1129

インスタフォロー数上位アカウントから見るインスタとフェイスブックの使い方の違い 【サントリー】篇


insta1.fw_
インスタフォロー数上位企業のアカウントを軸に、インスタとフェイスブックの使い方の違いや戦略を考察してみたいと思います。今回のお題は、 飲料・お酒メーカーの「サントリー」です。

フェイスブックの「サントリー」のフォロワー数は約79万2千人、インスタグラム「サントリー」のフォロワー数は約15万9千人です。お酒のアレンジメニューの紹介も多いため、想定されるフォロワーはお酒好きな人ですが、フォロワーは何を期待しているのでしょうか。また、サントリーはどのような戦略でインスタとフェイスブックを使っているのでしょうか。

■フェイスブックは、男女問わず万人受けする内容

インスタグラムよりも圧倒的にフォロワー数が多いフェイスブックですが、新商品やキャンペーンの案内がメインです。しかし、一方的な宣伝だけでなく時折、「突然ですが、クイズです」とコミュニケーションを取ろうとしているのもポイント。コメント欄の消費者の声に対しコメント返信をすることがあるのも大企業としてはかなり珍しい光景です。手間はかかりますが、消費者目線では嬉しくてさらにファンになってしまいますよね。

■インスタグラムは、女性向けにわくわくするカワイイ投稿

インスタグラムのトップ画面を見てみると、カワイイイラストで描かれたアレンジメニューや、思わず真似してみたくなるような「ちょい足し」のカクテルの画像が並びます。サントリーが販売しているお酒やソフトドリンクの商品を、さらに美味しく楽しめる方法が視覚的にすぐに入ってくるため、見ているだけでも楽しい気持ちになってきます。フェイスブックと比べるとグッと女性をターゲットにしていることがわかります。インスタグラムは特に女性への影響が大きいと考え、思い切って女性向けに舵を切っている印象です。

見事な使い分けでファンの心をがっちりつかむ「サントリー」のSNS。ぜひ一度チェックしてみてください。
1-2.fw_